会長挨拶

>

 

2021年~2022年度「クラブ運営の基本方針」

 
 

敦賀みなとライオンズクラブ
会長 L. 家倉  実

 歴史ある敦賀みなとライオンズクラブ、2021~2022年度 第44代会長を拝命させて頂く事となり、大変光栄です。会員の皆様に感謝申し上げます。
 2020~2021年度の田中会長はじめ、役員の皆様もコロナ禍で大変ご苦労されたと思います。本当にご苦労さまでした。
 2021~2022年度もクラブ運営がコロナ禍に大きく左右される1年であると思われます。この様な社会情勢だからこそ、会員全員で真の「ライオンズマン」らしく力強く、勇気と真心を持って歩もうではありませんか。
 この様な状況での2021~2022年度のクラブ運営は下記の様にさせて頂きます。

 1. 現在、将来の状況を見据え、冷静、着実に「ライオンズマン」らしく活動する。

 2. ライオンズの理念の基本に返り、例会出席、地域社会へのアクティビティを最大限の努力目標とする。

 3. ライオンズクラブ会則及びクラブ内規等に基づいてクラブ運営を行います。

 以上、私のクラブ運営目標が達成できるか否かはクラブ会員の皆様のご協力ご指導次第と思います。力不足の私ですが全身全霊努力致しますので何卒、宜しくお願い致します。2021~2022年度クラブ運営所信と致します。

【クラブスローガン】  
「心を磨こう未来のために!ウィサーブ」
〜クラブ全員、真心と友愛の心でアクティビティを!〜

【クラブ運営スローガン】  
「会員相互の親睦を深め、クラブ運営の活性化を図る。」

【クラブ事業スローガン】 
「地域社会への真心奉仕」